医学部に行きたいけど・・・数学が

お手紙おくっていいですか?

突然、僕のところにとある女性からメールがきました。

「何だろう?」と怪訝に思いながらも了解すると、数日後に手紙が届きました。

何年も、何年も医学部受験をしている。それでも、落ち続けている。通っている予備校からは、「もう諦めたら・・・」なんて言われた。

年齢も30を超えてしまっている。どうしたらいいのか分からない・・・

どうして、医学部なんかに行きたいと思っちゃったんだろう・・・

当時僕は一人で仕事を始めだしたところで、それまでは学習塾に勤務していました。

学習塾では、理学部や工学部といった受験生を指導することがほとんどで、医学部進学を希望する人すら教えることは初めてでした。

だから、正直言って医学部受験に対しては素人でした。

「医学部受験のことは、ほとんど知らないけどいいですか?」と聞いたところ、「それでも教えて欲しい」ということで一緒に頑張っていきました。

それから半年後、その生徒さんは無事に医学部に合格しました。

実は、当時その生徒さんは医学部に合格できるとは思っていなかったみたいです。ただ、この半年間で「数学ができるようになる」という手ごたえはあったみたいで、「やっと数学ができそうな気がする。来年、頑張ったら受かりそうです」なんて笑顔で話していました。

合格発表の日に「予想外」なんて件名の携帯メールが突然届いて、「受かっていました・・・」なんて書かれていたことを今でも鮮明に覚えています。

医学部に無事合格をした女性からいただいた授業の感想です。年齢が年齢だけに、バレるのは少しイヤなので大学名は伏せてくださいとのことです。ただ、当初から志望校にしていた中堅レベルの私立大学の医学部医学科です。

医学部医学科に合格しました

大学入学後に、少しお話しました。

「医学部生って、1年生のときはなんだか全員風邪みたいなのをひくみたい。ウイルスがまわってる。でも、1回かかったら、抵抗力がついて大丈夫みたい」とか「死体を見ました。すごい臭いで洗濯してもなかなか取れないんです(笑)」(←そこ笑うとこ?)

なんてホントに喜びながら医学部の話しを次々と話していきます。

医学に興味のない僕は、「なんだかグロいな」なんて思いつつ、

でも、喜んで話してくれている姿を見て、医学部に合格してホントに良かったね、と思います。

次々と医学部医学科に合格!

その後、つぎつぎと医学部医学科に合格していきました。「医学部医学科って最難関だよな。なんでこんなに合格するの?」って自分でもびっくりするぐらいです。

合格した人には悪いけど、受講してくれた人のほとんどが「数学が苦手です・・・」とか「何浪もしてるけど、合格できません」とか「センター試験でさえ点数が6割くらい・・・」そんな人ばっかりだったんです。

「青チャートは難しすぎる・・・黄チャートでも大丈夫かな?」と言っていた社会人の女性が岡山大学医学部医学科に合格!

岡山大学医学部医学科合格!

もともと数学が苦手で文系志望だった女子が弘前大学医学部医学科合格!

弘前大学医学部医学科合格

3浪もしているのに「センター数学6割ちょっと・・・センター数学8割なんて夢のよう・・・」と言っていた人が、島根大学医学部医学科合格!

島根大学医学部医学科に合格しました!

他にも、関西医科大学医学部医学科、近畿大学医学部医学科、東京女子医科大学医学部医学科、防衛医科大学校医学科、久留米大学医学部医学科、愛媛大学医学部医学科(2名)に合格!

上記は僕がこの仕事を始めた2011年以降の医学部の進学実績です。

1対1で教えているため、指導できる人数は限られています。各学年5,6人が限度です。

その中には、医学部以外の学部を志望する人や高校を卒業できたらよい、という人まで含まれているので医学部の受験者数じたいが多くありません。ですから、医学部の合格実績の人数的には多くありません。

また、入会していただいた人もごくごく普通の人です。むしろ、僕のところにくるのは「数学に困り切って来た人ばかり」です。ですから、元々は数学があまり得意でない人がほとんどです。

医学部以外の合格実績
京都大学工学部、東北大学歯学部、筑波大学理工学群、東京農工大学工学部、千葉大学国際教養学部、慶応大学経済学部、慶応大学看護、京都薬科大学薬学部、同志社大学理学部、東京理科大学理工学部、高校教員採用試験、等・・・

実は医学って簡単なんです

あまり大きな声じゃ言えないけど、「医学部って実は簡単なんです

そんなことないって思いますよね。「偏差値みたら、一番簡単な国立でも東大理一と同じくらいあるよ!」なんていう人がいます。

冒頭でも話したけど、僕は医学部のことをまったく知りませんでした。お恥ずかしい話し、今のあなたと同じように「医学部って難しいんだろうな」その程度の認識でした。

でも、いざ医学部志望の人が来て過去問を見てみると、想像していたよりもはるかに簡単!

もちろん簡単と言っても、誰でも合格できる訳ではないですよ。ただ、東大の問題よりも、はるかに簡単。

だから、思考力が必要な難しいレベルの問題が解けなくても、標準的な問題が解けさえすれば医学部に合格することができます。

「イヤ、でも医学部にいくには難しい問題が絶対に必要だ」なんていう人もいます。でも、あたりまえなんですけど、大学受験に実際に出題される問題が解けたら合格することができます。

実際の大学受験には、思考力の必要な問題は出てきません。ですから、思考力の必要な難しい問題を解く必要はありません。受験で出題される標準レベルの問題さえ解けたら合格できます。

だから、医学部に合格したいのなら、標準的な問題を徹底的に繰り返すことが何よりも重要です。数学の苦手な人であっても、繰り返し、繰り返し解けばなんとか合格レベルに到達することができます。

もちろん、医学部と言ってもいろいろとあります。難しい問題を出してくる大学もあります。そういう大学を目指すのなら、難しい思考力の必要な問題まで解いておく必要があります。

ですが、難しい問題があまり出題されない大学でしたら標準レベルの問題だけで合格することができます。

例えば、岡山大学を例にとって話します。

岡山大学の医学部は、医学部の中でも難しい部類と言われています。ただ、実際に出題される問題は、他の学部と同じ問題で難しい問題はほぼ出題されません。

言っては失礼ですが、東大志望の人なら岡山大学の問題だったら軽く満点をとってしまいます。その程度のレベルです。実際、合格した人は青チャートは難しいということで黄チャートを中心に勉強を進めていきました。

それでも、合格できました。しかも合格後得点開示の結果を見たところ、数学の得点は合格者平均を上回っていたそうです。苦手な数学、黄チャート中心の勉強で、難関国立医学部の合格者平均を超える、これって凄いことですよね。

自宅で一人で数学の勉強ができます

あなたに関係ないことですが、僕は数年間、月の指導時間が200から300時間、朝から晩まで授業をしてきました。月曜日から土曜日まで1日平均10時間以上!

これまで1対1で授業をしてきました。毎週1コマ80分の授業です。その時間内にいろいろなことを解説しないといけません。「もっと詳しく解説したい!」と思いつつ、時間が足りないため駆け足のような解説になってしまったこともありました。

生徒さんには「申し訳ないことをしたな」と思うこともありました。ただ、そんな中でも一生懸命ついてきてくれて、合格してくれています。こんな僕についてきてくれて、感謝の気持ち以外ありません。

僕が毎回授業をするよりも、プリントや動画を作ってそれを予習してもらう。そして、それで分からないところを質問してもらった方が効率がいいのでは?」と考え、一部の人に向かってプリントや動画で解説をしていきました。

実際の受験生の人たちにも好評でした。そして、大学にも合格してくれています。

数学IIIを解説する時間がなく、解説動画を見て勉強してもらいました。無事に愛媛大学医学部医学科に合格!

愛媛大学医学部医学科に合格!

医学部ではなく薬学部の話です。分からなかった質問箇所を動画で解説して理解を深めて京都薬科大学に合格!

京都薬科大学に合格!

数学は結局、自分で問題を解くことがすべてです。予備校に行ったり、映像授業を受動的に見ているだけで勉強をした気になってしまいます。でも、それではあなたのためになりません。

どんな勉強の仕方であっても、繰り返し、繰り返し何度も解いて少しずつ自分で理解する、それしか方法はありません。

去年あたりから授業を減らして、プリントや動画作成に時間を割きました。受講している生徒さんにも好評で、結果も出しています。

この勉強の進め方に興味のある人は、「サポートについて」にお進みください。

サポート詳細に進む

河見に相談する

医学部に向けての数学の勉強ができるメルマガを毎週月曜日に無料で配信中!

10年以上落ち続けた30代の女性・・・半年後医学部医学科に合格!

青チャートなんて無理!黄チャートでも難しいといった再受験生・・・岡山大学医学部医学科に合格!

3浪してもセンター6割(涙)8割なんて夢のよう・・・入会9か月後に島根大学医学部医学科に合格!


医学部なんて絶対無理!」と言われてきた人でも合格できた医学部受験の数学の秘訣をメルマガでお知らせします。


メールより、ラインの方がいいという方は

ラインでメルマガを配信してもらう」から登録してください。